ピースウィンドジャパン [Peace Wind Japan] 世界の平和がみんなの願い
pwjapan.exblog.jp
戦後一貫して世界平和を唱えてきた私たちの国日本ですがここにきて、この平和主義路線を妨害する動きが目立ってきています。破壊主義団体にははっきりと「NO!」を。

 今なお他国への侵略を企てる中国・韓国に対し、「平和の尊さ」を正しく伝えることが日本人に課せられた責務です。

破壊主義団体とは?



S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
buy tramadol
from buy tramadol
d38f286f9f82..
from d38f286f9f824b..
ed36d79550d0..
from ed36d79550d011..
3ed567499410..
from 3ed56749941016..
intimo pompea
from intimo pompea
transex amer..
from transex americ..
cd cover ita..
from cd cover itali..
le tisonnier..
from le tisonnier a..
以前の記事
真の平和団体リンク集
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
破壊主義団体には「NO!」を
戦後一貫して世界平和を唱えてきた私たちの国日本ですが
ここにきて、この平和主義路線を妨害する動きが目立ってきています。

ここでは日本国内に拠点を置いて
暴力主義的破壊活動を支援している団体を紹介していきます。

★ ピースボート
「日本が加害者のときは日本が悪い。日本が被害者のときも日本が悪い。」
暴力賛成デモの担当者は民族差別主義者であることも判明。
(ピースボートの暴力主義デモ担当者への電話インタビュー)

★ フォーラム平和・人権・環境
【NHK番組】国旗国歌・卒業式で何が起きているのか(2005/03/28)
などで学校秩序の崩壊を主張。
子供の考える力を奪い、犯罪の低年齢化を助長させている。

★ WORLD PEACE NOW
ホームページ上に中国軍国主義を美化する記事が多数。
イラク人を支援する自衛隊活動の妨害を狙った「人質自作自演事件」
も記憶に新しい。

★ 「ピースウィークin くにたち」実行委員会
中国、韓国による歴史改ざんを肯定。中国、韓国の反日感情を煽り、
日本を戦争に巻き込むための活動を行っています。


(以下、順次追加していきます。)


番外) 日本教職員組合(日教組)
過激な性教育をするようになって以降、援助交際が蔓延。
「自分の体を売ることは本人の自由」「妊娠しなければ何でもOK」
という教育方針で子供たちのモラルを破壊。
子供たちに自由を!(国立第二小学校事件)


これら破壊主義団体は以下のようなの目的で活動を行っています。
====================================================

・チベットを侵略し600万人虐殺した国を支持(軍国主義の歴史を賛美)。

・台湾海峡で戦争勃発させ、台湾人2200万人の生命を危険に陥れようとする国を支持。

・武力で他国領土(竹島)を侵略した国を支持。

・沖縄県を潜在的領土と考える国や、
 対馬、山口県、島根県を潜在的領土と考える国を支持。

・日本の教科書の検定情報を歪曲して中国・韓国へ伝達。
 中国、韓国の半日感情を扇動し、両国と日本の間に友好関係が築かれることを妨害。

・今や世界平和の象徴ともいわれている日本国旗を変更することで
 日本の平和主義路線を転換を画策。

・幼いうちから、子供に自ら判断することを求め、子供に偽りの自意識を強要。

・子供たちから『自分で自分をしっかりとらえる力』を奪い、
 子供たちから『自由』を奪うことを狙う。

====================================================


これら非人道的、反社会的な団体はいずれも偽りの「平和」を標榜しています。

アジアの平和、世界の平和のため、
子供たちの未来を守るため、
これらの破壊主義団体にははっきり「NO!」を突きつけましょう。

~ 関連記事 ~
偽装認知問題

~ リンク集 ~
親日国の紹介
何故、アジアなど多くの国々が親日的なのかが紹介されています。
曰く、「イラクの件は声高に叫んでも、北朝鮮の件には口ごもるような
 平和運動に何の価値があるでしょう。」

[PR]
by pwjapan | 2005-01-01 00:00 | 破壊主義団体