ピースウィンドジャパン [Peace Wind Japan] 世界の平和がみんなの願い
pwjapan.exblog.jp
戦後一貫して世界平和を唱えてきた私たちの国日本ですがここにきて、この平和主義路線を妨害する動きが目立ってきています。破壊主義団体にははっきりと「NO!」を。

 今なお他国への侵略を企てる中国・韓国に対し、「平和の尊さ」を正しく伝えることが日本人に課せられた責務です。

破壊主義団体とは?



S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
buy tramadol
from buy tramadol
d38f286f9f82..
from d38f286f9f824b..
ed36d79550d0..
from ed36d79550d011..
3ed567499410..
from 3ed56749941016..
intimo pompea
from intimo pompea
transex amer..
from transex americ..
cd cover ita..
from cd cover itali..
le tisonnier..
from le tisonnier a..
以前の記事
真の平和団体リンク集
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「もっと人を殺すべき!」という狂気のデモが日本で(ピースボート)
先日来の中国における反日暴動では何人もの方々が被害に遭われています。

「日本人は死ね」と殴打 上海の邦人留学生証言

> 容疑者の中国人が「日本人は死ね」などと、
> 反日感情をあらわにしてビール瓶やいすで何度も殴りつけたと証言した。
> さらに事件を処理した複数の警官まで
> 「小日本(日本人の蔑称(べっしょう))」などと、
> 留学生をののしる嫌がらせをしたという。
>  留学生らによると、公安当局は事情聴取の際、
> 「殴ったのが1人なら簡単だ。2人なら中国と日本の関係に影響する」
> と事実を曲げて証言するよう迫った。


そんな中、ピースボートという団体が
「『殺す側』よりも『殺される側』が悪い。」
という主張を始めました。
(ピースボートの暴力主義デモ担当者への電話インタビュー)


私たち、ピース・ウィンド・ジャパンは
「いかなる理由があっても暴力行為は許されない。」
と考えます。

どちらの考え方がより平和的かは皆さんでご判断下さい。
====================================
<緊急ピースマーチ>
アジアの抗議に応えよう!
~「反日」デモは日本政府の責任~


4月22日(金)
集合:11時  芝公園4号地(都営三田線 御成門駅A6出口)
出発:11時半 
解散:12時半
道順:芝公園4号地→神谷町→(桜田通り)→虎ノ門→文部科学省前
   →霞ヶ関2丁目→西幸門前→日比谷公園西幸門内 解散

 連日、中国における「反日」デモが報道されています。
町村信孝外相は中国での「反日」デモによる日本人や
日本の公館などの被害に対し、中国政府に謝罪と補償を求め、
「一言陳謝の意があれば、日本人の気持ちもよりよい方向に転換される」
と述べています。また、日本のメディア報道では、
「反日」デモによる日本人の被害ばかり報道し、
かつて日本軍が中国に対して何をしたのかというう
根本原因に触れることはほとんどありません。

 日本の市民の皆さん、もう一度一緒に考えてみませんか?
 そもそも中国で「反日」デモが広がったのは、
小泉首相が過去の侵略戦争の責任者が祀られている靖国神社を訪問したり、
日本の過去のアジア諸国に対する侵略戦争や植民地支配を
正当化する歴史教科書を文部科学省が検定で合格させたためです。
1972年の日中共同声明では、「過去において日本国が戦争を通して
中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、
深く反省する」という文言が謳われています。過去の侵略戦争に対する
反省は日中国交正常化の大前提であったはずです。
中国人が日本軍に殺されたり、生物化学兵器の人体実験の対象にされたり
といった話を日頃おじいちゃんやおばあちゃんから聞いて育った中国の若い世代が
日本の過去の侵略戦争を正当化する教科書を許せると思いますか?
 戦争は過去のことでも歴史教科書の記載内容は今の問題です。
日本の子どもたちにとっても、ヒロシマ、ナガサキの悲劇
(被害者は日本人だけではありません)を伝えることが重要なのと同様に、
日本軍がかつて中国で行ったこともきっちりと日本の教科書に記載することが
未来に同じ過ちを繰り返さないために必要なのだと思います。

 人を殴っておいて、その殴られた人が怒ったとき、
「もっと冷静になろうよ」と殴った側が言うのはおかしいと思いませんか?
 日本の市民が今なすべきことは、まず日本政府に中国政府と
中国の市民に謝罪させることであり、そして、過去の日本の侵略戦争を
正当化する扶桑社の教科書の検定合格を撤回させ、
今後、小泉首相に靖国神社への参拝を取りやめさせることです。

                                ピースボート有志
====================================



・中国には言論の自由はありません。
・中国で平和を唱えた人たちは既に反体制派として処刑されてしまっています。
・私たちの国が戦後一貫して世界平和を唱えてきた間、中国はチベットを侵略し、
 さらに台湾や南沙諸島などへの領土拡張を目指し
 周辺国との間で紛争を起こしています。
[PR]
by pwjapan | 2005-04-22 23:45 | 反戦平和