ピースウィンドジャパン [Peace Wind Japan] 世界の平和がみんなの願い
pwjapan.exblog.jp
戦後一貫して世界平和を唱えてきた私たちの国日本ですがここにきて、この平和主義路線を妨害する動きが目立ってきています。破壊主義団体にははっきりと「NO!」を。

 今なお他国への侵略を企てる中国・韓国に対し、「平和の尊さ」を正しく伝えることが日本人に課せられた責務です。

破壊主義団体とは?



S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
buy tramadol
from buy tramadol
d38f286f9f82..
from d38f286f9f824b..
ed36d79550d0..
from ed36d79550d011..
3ed567499410..
from 3ed56749941016..
intimo pompea
from intimo pompea
transex amer..
from transex americ..
cd cover ita..
from cd cover itali..
le tisonnier..
from le tisonnier a..
以前の記事
真の平和団体リンク集
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2005年 04月 15日 ( 2 )
あれから1年(イラク人質事件)
当時の抗議運動の様子(桃色ゲリラ)

イラク人質事件から1年が過ぎました。

盲蛇に怖じず
========================
この事件を受けて日本の株式市場は急落。
時価総額で東証1部2部合計5兆8550億円、大証も合わせると
6兆円以上を、この日一日で失いました。
日本経済全体に与えた損失は13兆円ともいわれています。


株価暴落による損失 ¥13,000,000,000,000
ヨルダンからの債務免除要請額 ¥200,000,000,000
救出の費用(税金) ¥2,000,000,000
3人がイラクで得た自己満足 Priceless
========================

高遠 菜穂子 ボランティアに関する検証
========================
Q.何故、彼女のボランティア活動は疑問視されるのか。
(1)保護対象である人々の年齢や性別が偏っていること。
  (子供を助けない。女性を助けない。)
  (15~20歳の青少年の男性のみをケアの対象としている。)
========================

高遠菜穂子さんは『日本のマイケル・ジャクソン』とも呼ばれていますね。


JICAによると、わずか100円で大人2人のマラリア予防ができる
とのことです。
果たして、3人の身勝手な行動は
1300億人以上のアフリカの方々の命よりも重いものだったのでしょうか。


事件の首謀者とされる高遠さんは今も自己正当化活動をなされているそうです。
高遠さん、90カ所以上で報告会 人質事件から1年


街頭募金や口座振替での募金を行っているにもかかわらず
なぜ一度たりとも収支報告明細を出せないのか。


高遠さん、及びその活動を支援するサヨク系破壊主義団体の方々には
多くの人々のギモンに答える義務があるのではないでしょうか。
[PR]
by pwjapan | 2005-04-15 23:49 | 反戦平和
自称従軍慰安婦はニセモノ(真実がわかり始めた韓国の方々)
「水曜集会の元慰安婦女性は偽者」 軍事評論家の随筆が波紋(朝鮮日報)

 池氏は今月13日と14日、自分のホームページに相次いで掲載した
「慰安婦問題を解剖する(上・下)」という題名の随筆で、
「日本の最高裁判所が確実な日本軍慰安婦だったと認めた
シム・ミジャさんが認める“日本軍慰安婦だった女性”は33人で、
この中、現在デモをしている女性は1人もいなかった」とし、
「テレビでよく見かける女性の場合、日本の関連団体が“偽物”とし
保証金の支給さえ拒絶している」と主張した。

 池氏は慰安婦を「日本軍の慰安婦」、「従軍慰安婦」、「挺身隊」に区分した後、
「本当に被害を受けた“日本軍慰安婦”は全体の20%程度で、
貧しさのため自ら売春をした従軍慰安婦が80%程度におよぶと言われている」とした。


とりあえず、韓国の方々も
「従軍慰安婦を自称する人の80%はニセモノ」
ということがわかり始めたようです。

果たして、残りの20%のは本当の被害者なのでしょうか。
検証が待たれるところです。
[PR]
by pwjapan | 2005-04-15 00:13 | 反戦平和