ピースウィンドジャパン [Peace Wind Japan] 世界の平和がみんなの願い
pwjapan.exblog.jp
戦後一貫して世界平和を唱えてきた私たちの国日本ですがここにきて、この平和主義路線を妨害する動きが目立ってきています。破壊主義団体にははっきりと「NO!」を。

 今なお他国への侵略を企てる中国・韓国に対し、「平和の尊さ」を正しく伝えることが日本人に課せられた責務です。

破壊主義団体とは?



S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
buy tramadol
from buy tramadol
d38f286f9f82..
from d38f286f9f824b..
ed36d79550d0..
from ed36d79550d011..
3ed567499410..
from 3ed56749941016..
intimo pompea
from intimo pompea
transex amer..
from transex americ..
cd cover ita..
from cd cover itali..
le tisonnier..
from le tisonnier a..
以前の記事
真の平和団体リンク集
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:破壊主義団体( 3 )
「『ミサイル飛ばすな!』という主張は嫌がらせです。」byピースボート
-------------------------<引用ここから>-------------------------

ピースボート
「北朝鮮ミサイル報道」後の“ニッポン”を考える
在日コリアン、日本、韓国の若者たちが
本音で語るトークセッションを開催


 「北朝鮮ミサイル報道をどう受け止め、自分は何を考えた?」
――日本、在日コリアン、韓国の若者が、このようなテーマで意見を交わす
トークセッションが、7月28日夜、ピースボートセンターとうきょう
(新宿区高田馬場)にて開催されます。

 7月5日、北朝鮮の「ミサイル発射」報道が流れて以来、北朝鮮に関わる
ニュースを耳にしない日はないほどです。その影で、一部の在日コリアン、
特に朝鮮学校に通う学生たちなどに対し、
<ミサイルとばすな!><朝鮮人殺してやる>
などといった誹謗中傷、暴力、
脅迫電話・メールなどの嫌がらせが多発し、

彼らを心身ともに傷つけている現実は、あまり知られていません。

 「攻撃される前に攻撃できるように備えよう」
「北朝鮮は悪者だから罰を与えるべき」という少なからぬ世論が、
このような暴力を後押ししているのではないでしょうか。

 こういった状況で、同じ10代~20代の若者が出身や所属、立場によって
まったく違う体験、思いを持っています。朝鮮学校の生徒、日本名を名乗っている
在日コリアン、韓国からの留学生、そして日本の若者たちが、
「北朝鮮バッシング」の強まるなかでそれぞれ受けた体験を基に、
どのように考えているのか。意見を交わし「対話する場」をつくろう、
そういった声が集まり、このトークセッションが企画されました。

 “攻撃ではなく対話を”―この考えを軸に、本当に平和的な解決に向けて、
わたしたちはどうすればいいのか。熱い議論が交わされます。
なお、当日は約100人の若者が参加する会場からも、意見を集める予定です。

日朝韓・トークセッション「ミサイル報道後の『わたしたち』は!?」
日時:2006年7月28日(金)19:00開場/19:30開始
場所:ピースボートセンターとうきょう(東京・高田馬場)
※JR/西武新宿/東京メトロ「高田馬場駅」早稲田口より徒歩7分
  Tel:03-3362-6307/Fax:03-3362-6309

このリリースに関するお問い合わせは...
ピースボート事務局(担当:チョウ

-------------------------<引用ここまで>-------------------------


><ミサイルとばすな!><朝鮮人殺してやる>などといった誹謗中傷、暴力、
>脅迫電話・メールなどの嫌がらせが多発し、


「周辺国に対し事前に通告のないミサイル実験はやめてほしい。」
「戦争をするためのミサイル兵器の実験なんていらない。」
「戦争反対!」
と主張するのは、平和を愛する日本人としては当然のことだと思います。

私たちの
「ミサイル実験はやめてほしい。」
という主張を
なぜ、ピースボートの方々は「嫌がらせ」だと感じるのでしょうか。

中国で発生した暴動のときもそうでしたが、
なぜ、ピースボートの方々は戦争や暴力に対して肯定的なのでしょうか。


人権抑圧国家・北朝鮮の金正日将軍からは
「南朝鮮革命は既に完了。これからは日本の世論育成に力を尽くせ」
との指令が出ているとのことですが、今回のトークセッションイベントも
チョウ工作員による対日工作活動の一環なのでしょうか。
[PR]
by pwjapan | 2006-07-27 21:14 | 破壊主義団体
「ピースボート」に対する市民運動の盛り上がり
極左過激派テロ組織 『ピース暴徒』

一見、過激派つながりとはわからないサイトになっているので注意が必要です。


「ピース暴徒」のテロ活動を阻止するため、現在
以下のような市民運動が行われています。

「ピースボートのポスターをはがそう」推進本部
「国連NGOのボランティアをしているんですが....」
と純粋無垢な顔をした人がくれば、つい許してしまうポスター貼り。

店主の方に教えてあげるべきこと。

1)「ボランティア」はウソで3枚1000円の金をもらっているバイトです。

2)「国連協議資格NGO」とは名ばかりで、
  日本の戦争責任を糾弾することだけが目的の団体です。

3)「従軍慰安婦」も「強制連行」も「南京虐殺」も、
  北朝鮮・韓国・中国のいうことが100%正しいと主張する団体です。

4)創立者の辻元は、赤軍派・中核派に関わっています。

5)「週刊金曜日」「バウネット」をはじめ、姜尚中(カン・サンジュン)、
  辛淑玉(シン・スゴ)、「日本に来るな」の鄭香均(チョン・ヒャンギュン)など、
  民団・朝鮮総連系の反日左翼の巣窟です。

私たちの平和な生活を脅かすテロリストたちをこのまま放置しておくわけにはいけません。

平和を愛する皆さん!
過激派ピースボートに対しては躊躇のない行動を取りましょう。
d0024792_21383159.jpg
d0024792_21384015.jpg

上の写真がこの極左テロ団体のハガキです。

[PR]
by pwjapan | 2005-06-09 22:12 | 破壊主義団体
破壊主義団体には「NO!」を
戦後一貫して世界平和を唱えてきた私たちの国日本ですが
ここにきて、この平和主義路線を妨害する動きが目立ってきています。

ここでは日本国内に拠点を置いて
暴力主義的破壊活動を支援している団体を紹介していきます。

★ ピースボート
「日本が加害者のときは日本が悪い。日本が被害者のときも日本が悪い。」
暴力賛成デモの担当者は民族差別主義者であることも判明。
(ピースボートの暴力主義デモ担当者への電話インタビュー)

★ フォーラム平和・人権・環境
【NHK番組】国旗国歌・卒業式で何が起きているのか(2005/03/28)
などで学校秩序の崩壊を主張。
子供の考える力を奪い、犯罪の低年齢化を助長させている。

★ WORLD PEACE NOW
ホームページ上に中国軍国主義を美化する記事が多数。
イラク人を支援する自衛隊活動の妨害を狙った「人質自作自演事件」
も記憶に新しい。

★ 「ピースウィークin くにたち」実行委員会
中国、韓国による歴史改ざんを肯定。中国、韓国の反日感情を煽り、
日本を戦争に巻き込むための活動を行っています。


(以下、順次追加していきます。)


番外) 日本教職員組合(日教組)
過激な性教育をするようになって以降、援助交際が蔓延。
「自分の体を売ることは本人の自由」「妊娠しなければ何でもOK」
という教育方針で子供たちのモラルを破壊。
子供たちに自由を!(国立第二小学校事件)


これら破壊主義団体は以下のようなの目的で活動を行っています。
====================================================

・チベットを侵略し600万人虐殺した国を支持(軍国主義の歴史を賛美)。

・台湾海峡で戦争勃発させ、台湾人2200万人の生命を危険に陥れようとする国を支持。

・武力で他国領土(竹島)を侵略した国を支持。

・沖縄県を潜在的領土と考える国や、
 対馬、山口県、島根県を潜在的領土と考える国を支持。

・日本の教科書の検定情報を歪曲して中国・韓国へ伝達。
 中国、韓国の半日感情を扇動し、両国と日本の間に友好関係が築かれることを妨害。

・今や世界平和の象徴ともいわれている日本国旗を変更することで
 日本の平和主義路線を転換を画策。

・幼いうちから、子供に自ら判断することを求め、子供に偽りの自意識を強要。

・子供たちから『自分で自分をしっかりとらえる力』を奪い、
 子供たちから『自由』を奪うことを狙う。

====================================================


これら非人道的、反社会的な団体はいずれも偽りの「平和」を標榜しています。

アジアの平和、世界の平和のため、
子供たちの未来を守るため、
これらの破壊主義団体にははっきり「NO!」を突きつけましょう。

~ 関連記事 ~
偽装認知問題

~ リンク集 ~
親日国の紹介
何故、アジアなど多くの国々が親日的なのかが紹介されています。
曰く、「イラクの件は声高に叫んでも、北朝鮮の件には口ごもるような
 平和運動に何の価値があるでしょう。」

[PR]
by pwjapan | 2005-01-01 00:00 | 破壊主義団体